【入浴剤おすすめLAB(ラボ)】あなたに合った人気の入浴剤を紹介!

入浴剤のおすすめや人気のランキング、レビューを紹介しています。あなたに合った入浴剤が見つかりますよ(^^)

冬に一番おすすめの入浴剤。ぬるめのお風呂だから疲れが取れる。ホットタブ重炭酸湯

薬用ホットタブ重炭酸湯のパッケージとタブレット

冬におすすめの入浴剤

仕事から帰宅して、身体が冷え切っている冬は入浴剤を使いたくなりますよね。

そこで今回は、冬におすすめの入浴剤を一つ紹介します。

なぜたった一つかというと、現在市販の入浴剤の中では、これから紹介する、

ホットタブ重炭酸湯が最高だと思うからです。

これさえ使えば、他の入溶剤を試しに使ってみる必要は無いと思います。

その理由を以下で説明します。

目次

 

 

 

ホットタブ重炭酸湯が冬に一番おすすめの入浴剤である理由

ホットタブ重炭酸湯が冬に一番おすすめな入浴剤である理由は、以下の3つです。

1、体が芯から温まり、温かさが長時間持続する。

2、ぬるめのお湯に長く浸かるので疲れが取れる。

3、入浴後、お肌がすべすべになる。

では、詳しく説明していきます。

1、体が芯から温まり、温かさが長時間持続する。

入浴後にバスローブを着ている女性

ホットタブ重炭酸湯は、水素イオンと重炭酸イオンを高濃度でお湯に溶かし、空気中に蒸発する事がなく、お湯の中にとどめておく炭酸入浴剤です。

これにより、血流をアップさせ、身体の芯から温まります。 

また、何故だか分かりませんが、入浴後の身体の温かさが持続します。

花王バブの2倍は持続すると思います。

これは私の考えですが、ぬるめのお湯に長時間浸かる事で、毛細血管の隅々まで血流が良くなるからではないか?と思います。

2、ぬるめのお湯に長く浸かるので疲れが取れる。

両腕を上げてリラックスしている女性

そもそも、入浴には、冷えの解消に効果的な温熱効果や、水圧による血行やリンパの流れの促進に効果があります。

また、38~40℃くらいのぬるめのお湯に浸かることで副交感神経が優位になり、血行促進やリラックス効果も得ることができます。

逆に、42℃以上の高温浴は交感神経を緊張させる作用があります。

高温浴は精神的にも肉体的にも活動的な状態を作り出すのです。

一日の疲れを取るには、まずはリラックスすることが一番効果的でよね。

そして、ぐっすりと眠る事です。

冬にぐっすりと眠るために身体の冷えは大敵です。

温かさが持続するホットタブ重炭酸湯なら、ポカポカした状態でベッドに入れます。

大間のマグロ漁師の疲労回復方法は入浴だった

船上にいる漁師

余談ですが、お正月の特番で、大間のマグロ漁師を特集したテレビ番組がありますよね?

それに出演していた御年83歳のマグロ漁師さんの日課が、風呂に長く浸かる事でした。

熱いお湯なのか、ぬるいお湯なのかはその映像では分かりませんでしたが、

じつは熱いお湯には体力をアップさせる効果があるのです。

週に2回ほど熱いお湯で入浴すると一時的にマラソンの記録がアップした、という研究結果も出ています。

こちら>>⑤42℃以上の「熱いお湯」に入浴するのはいいのか悪いのか? | 【公式】東京銭湯/東京都浴場組合

でも、リラックスして疲れを取り除くには、ぬるめのお湯が良いのです。

3、入浴後、お肌がすべすべになる。

クエン酸とレモン

 ホットタブ重炭酸湯には、クエン酸とビタミンCが入っています。

クエン酸は、ピーリングと抗炎症作用の効果が高いとされていています。

なので、古い角質を取り除き新しい肌へと再生させてくれるのです。

クエン酸は、肌荒れ、くすみ、毛穴、ニキビ、乾燥などのお肌のトラブルを軽減させるので、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)がうまくいかない人には期待したくなる効果と言えますね。

ビタミンCがお肌に良いのはご存知ですよね。

 

まとめ

脚を浴槽内で伸ばした入浴中の女性

冬に一番おすすめの入浴剤は、「薬用ホットタブ重炭酸湯」です。

なぜなら、疲労回復と冷え性、肌のトラブルに効くと思うからです。

とにかく、たの入浴剤と比べてダントツで温まりますから、ぜひ一度試してみてくださいね。

薬用ホットタブ重炭酸湯のサイトはこちら>>冷え性に効く。薬用ホットタブ重炭酸湯

 

★楽天でも販売しています、

こちら>>薬用ホットタブ HOTTAB 30錠 薬用重炭酸タブレット 入浴剤 重炭酸湯 重...

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

薬用ホットタブ重炭酸湯で芯から温まってくださいね。