【入浴剤おすすめLAB(ラボ)】あなたに合った人気の入浴剤を紹介!

入浴剤のおすすめや人気のランキング、レビューを紹介しています。あなたに合った入浴剤が見つかりますよ(^^)

薬用ホットタブ重炭酸湯の使い方。有効成分は何時間持続する?

 薬用ホットタブ重炭酸湯の袋と中身のタブレット

薬用ホットタブ重炭酸湯の使い方

薬用ホットタブ重炭酸湯の使い方を紹介します。

薬用ホットタブ重炭酸湯は、温泉と同じような効果がある、と私は思います。

なぜなら、風呂から上がったあとの温かさが、どの温浴剤よりも長時間持続するからです。

源泉かけ流しの温泉

また、お湯も滑らかになり、無色透明で無臭。

薬用ホットタブ重炭酸湯は自宅で温泉気分が味わえる、貴重な炭酸入浴剤です。

あなたも、そんな薬用ホットタブ重炭酸湯を使って、

冬の寒さ対策や冷え症対策に役立ててくださいね (^^)。

★薬用ホットタブ重炭酸湯はこちら>>冷え性に効く。薬用ホットタブ重炭酸湯

 

 薬用ホットタブ重炭酸湯、お湯の使い方

薬用ホットタブ重炭酸湯を浴槽で使っている

薬用ホットタブ重炭酸湯の使い方は、超簡単です。

ポイントは、ぬるめのお湯を浴槽に湯はりする事です。

ぬるめのお湯とは?

ぬるめのお湯というのは、37℃~40℃です。

私は、いつも38℃に設定しています。

38℃に設定された給湯器

なぜぬるめのお湯なのか?

なぜぬるめのお湯なのかというと、薬用ホットタブ重炭酸湯は、

ドイツの低温入浴法を元に開発されたからです。

ドイツの低温入浴法とは?


※フリートリッヒ浴場(ローマン - アイリッシュ式) トリップアドバイザー提供

古代ローマ時代からの受け継がれている、入浴法です。

ヨーロッパの温泉は低温で炭酸を含んだお湯が特徴です。

ドイツの低温入浴法で有名なのが、「フリードリヒス浴場」です。


※フリートリッヒ浴場(ローマン - アイリッシュ式) トリップアドバイザー提供

こちらでは、ぬるめのお湯にじっくりと浸かる事で血流を促し、

体温を36.5℃以上にして免疫力を高め、内蔵機能を上昇させます。

薬用ホットタブ重炭酸湯、タブレットの使い方

薬用ホットタブ重炭酸湯のタブレット(錠剤)

薬用ホットタブ重炭酸湯のタブレットの使い方ですが、

1回の入浴に、ぬるめのお湯200リットルに対して4錠。

ぬるめのお湯160ℓに対して3錠使います。

薬用ホットタブ重炭酸湯、入浴時間は?

入浴する女性

薬用ホットタブ重炭酸湯を使った、低温入浴法は15分以上浸かる事がおすすめです。

なぜなら、血流が高まるのは入浴後10分以降だからです。

使い方まとめ

薬用ホットタブ重炭酸は、ぬるめのお湯(37℃~40℃)にタブレットを3~4錠入れて、15分以上入浴するのが正しい使い方です。

★薬用ホットタブ重炭酸湯はこちら>>冷え性に効く。薬用ホットタブ重炭酸湯

薬用ホットタブ重炭酸湯の有効成分

薬用ホットタブ重炭酸は医薬部外品です。

なので「薬用」と表示されています。

有効成分は何時間持続する?

24時間マーク

薬用ホットタブ重炭酸湯の有効成分は24時間濃度が持続します

ちなみに炭酸入浴剤で有名な、花王バブの有効成分は2時間しか持ちません。。。

なぜ、花王バブの12倍、24時間も長持ちするのかと言うと、

薬用ホットタブ重炭酸湯は、発生したガスが中和され、重炭酸イオンに変化してお湯に溶け込むからです。

★薬用ホットタブ重炭酸湯はこちら>>冷え性に効く。薬用ホットタブ重炭酸湯

有効成分は?

薬用ホットタブ重炭酸湯の有効成分は以下の2つです。

  1. 炭酸水素ナトリウム
  2. 炭酸ナトリウム

炭酸水素ナトリウムとは?

粉末の重曹

炭酸水素ナトリウム(sodium hydrogen carbonate)は、

別名、重炭酸ナトリウム(sodium bicarbonate)や、重炭酸ソーダ、

重曹とも言われています。

炭酸水素ナトリウムの効果

重曹は、「美人の湯」と呼ばれる温泉に含まれる成分です。

重曹泉と呼ばれる温泉に浸かると、皮膚の脂肪分や分泌分を乳化して洗い流し、きれいな肌にしてくれます。

入浴後は、お肌がスベスベになります。

炭酸ナトリウムとは?

炭酸ナトリウムの泡

炭酸ナトリウムは、別名、炭酸ソーダともいわれています。

泡の出る入浴剤に使われています。

お湯の中に溶け込んだ炭酸ガスは、皮膚にすばやく浸透し、血管の平滑筋に作用して弛緩させ、血管を拡張させます。

入浴するだけでも血行促進効果を得られますが、炭酸ガスが溶け込んだお湯につかれば、その効果がさらに高まります。

炭酸ナトリウムの効果

炭酸ガスが溶け込んだ炭酸泉などにつかると、入浴の血行促進効果をさらに高め、血流量も増え、温まった血液が体全体を循環します。

そのため、体の深部まで温まるだけでなく、さら湯につかったときに比べ、入浴後の体温が高いまま持続します

お湯に溶け込んだ炭酸ガスは、入浴本来の血行促進効果をさらにアップさせるので、

疲労回復をはじめ、腰痛や肩こりといったさまざまな不調を改善しやすくなるのです。

 

その他の成分は?

薬用ホットタブ重炭酸湯の成分で有効成分と表示されていない、その他の成分を紹介します。

無水クエン酸

クエン酸は梅干しなどに含まれる成分ですが、入浴剤として使う場合には様々な効果が期待できます。

  1. 美肌効果、お肌のピーリング。
  2. 体臭予防。
  3. 疲労回復。
  4. 殺菌効果。

PEG6000

PEG6000とは、ポリエチレングリコール6000の事です。

中性の高分子化合物で体への安全性が極めて高い、市販の多くの入浴剤に使われている長い歴史をもつ化合物です。

錠剤(タブレット)を形成するために、微量使っています。

ビタミンC・Na

ビタミンC・Na(ビタミンC・ナトリウム)はお風呂の塩素除去に使われています。

 

薬用ホットタブ重炭酸湯の効能

薬用ホットタブ重炭酸の効能は、体温の上昇と血流アップによるものです。

具体的には、

肩こり・腰痛・疲労回復・冷え症・神経痛・リウマチ・痔・産前産後の冷え性・うちみ・くじき・あせも・あかぎれ・にきび・湿疹です。

有効成分まとめ

薬用ホットタブ重炭酸湯の有効成分は、炭酸水素ナトリウム(重曹)と炭酸ナトリウムです。

そしてその有効成分は24時間濃度が持続します。

普通の入浴剤は炭酸水素ナトリウムで肌を綺麗にするだけですが、

薬用ホットタブ重炭酸湯は、炭酸ナトリウムが血流を良くして体が芯から温まります。

また、温かさも長時間持続するので、普通の温泉より温かさが持続する気がします。

有効成分の表示は出来ませんが、クエン酸の働きが、重曹と相まって、お肌がスベスベする感じがします。

私の個人的な感想ですが、薬用ホットタブ重炭酸湯は、

冬の寒さが辛い方に、心からおすすめできる、炭酸入浴剤です。

★薬用ホットタブ重炭酸湯はこちら>>冷え性に効く。薬用ホットタブ重炭酸湯